HOME > メディア掲載 > 北海道新聞平成20年10月19日 老化の進行遅らせ若々しく 抗加齢医療帯広でも
メディア掲載

老化の進行遅らせ若々しく 抗加齢医療 帯広でも

北海道新聞 平成20年10月19日

「アンチ・エイジング医療は老化の進行を緩やかに遅くする」と話す満岡院長

【帯広】帯広市の満岡内科・循環器クリニック(満岡孝雄院長)=大空町3=は11月4日から、老化の進行を遅らせるためのアンチ・エイジング(抗加齢)医療を始める。「ドック」で血液検査などを行い、身体の老化度をチェックした上で、診療に入る。同クリニックによれば、道内で「アンチ・エイジング」医療を導入した医療機関は数施設で、道東では初めて。(宍戸透)

アンチ・エイジング医療は1992年、アメリカで専門学会が設立されて始まった。科学的な根拠に基づき、老化を遅らせるための診療を行う。

まず、血管の硬化度や骨密度、筋肉バランス、体脂肪などを検査する。数値が高ければ、老化の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化物質のサプリメント投与、ホルモン補充療法、身体から有毒物質の毒素を排出する治療を行い、体の内側からの若返りを図る。

満岡院長は不整脈・心臓病の専門医。長年、狭心症や心筋梗塞などの治療を行いながら、予防医療の大切さを実感し、アンチ・エイジング医療に興味を持った。3年前から導入に向けて勉強を重ね、今年1月には、日本抗加齢医学会の専門医として認定を受けた。

「ドック」は予約制で、採血、検尿、身体測定、問診を行い、骨密度や肝機能、ホルモン濃度、酸化度、動脈硬化度、水銀や鉛など有害物質の体内蓄積度などを検査する。健康保険の適用外で、必要最小限の項目のジェネラルコース(7万円)、有害物質の体内蓄積度などを含む幅広い検査を網羅したベストコース(15万円、いずれも税別)など。検査結果は約一ヶ月後に分かり、内容の説明を受ける。

満岡院長は「身体の老化のサインを知り、弱点を改善することは、いつまでも若々しく元気で生活できることにつながる」と話している。土日祝日は休診。問い合わせは同クリニック[電話]0155・48・9111へ。

みつおか・たかお

1948年、長崎県諫早市生まれ。北大医学部卒。大樹町立病院院長など歴任。現在は国立病院機構帯広病院の不整脈専門外来を担当。欧米の心臓病学会で認められる実績を持つ。自らのクリニックでは「蝶ネクタイの先生」で親しまれる。

>> 北海道新聞

PAGE TOP