HOME > 不整脈診療 > 道東不整脈セミナー経過
メディア掲載

道東不整脈セミナー経過

「道東不整脈セミナー」について

本会は2009年、「不整脈領域に対する治療の理解を深め、不整脈診療の啓蒙、施設間の連携を図る」ことを目的として発足し、昨年度まで4回の講演会を開催してまいりました。トーアエイヨーが主催しておりますが、春に帯広不整脈研究会を、秋に道東不整脈セミナーを開催することによって、年2回、不整脈についての講演会を開催することは、地域の不整脈診療のさらなる向上にとってこの上ないことと考え、代表世話人を引き受けました。講師には日本の不整脈研究をリードする先生方をお招きし、質の高い、しかも明日からの診療に役立つ講演をお願いしています。

(記:2016年11月)

道東不整脈セミナー 特別講演会

2009 平成21年10月23日(金)
弘前大学第2内科教授 奥村謙先生『心房細動治療ガイドライン:レートコントロール、リズムコントロール、抗凝固療法』

2010 平成22年9月10日(金)
国立循環器センター部長 鎌倉史郎先生 『心室性不整脈に関する最新の知識と対処法』
参加者50名

2011 平成23年10月14日(金)
東邦大学循環器内科教授 杉 薫先生 『心房細動に対する薬物治療~心原性脳梗塞予防も含めて~』
参加者40名

2013 平成25年2月15日(金)
埼玉医科大学心臓内科教授 松本万夫先生『心不全とペーシング』
参加者50名

「道東不整脈セミナー2013」は約50名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
講演会の垂れ幕 講師中の松本先生 講演会の様子 座長のあいさつ

2013(2) 平成25年10月25日(金)
産業医科大学循環器内科不整脈先端治療学教授 安部治彦先生『失神患者へのアプローチ』
参加者40名

講演会の様子1 講演会の様子2 講演会の様子3

2014 平成26年9月19日(金)
旭川医科大学 保健管理センター 川村祐一郎先生『心房細動治療の最近の考え方』〜新ガイドラインを踏まえて〜
参加者50名

「道東不整脈セミナー2014」は約50名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
講演会の様子1 講演会の様子2

2015 平成27年9月11日(金)
慶應義塾大学名誉教授 国際医療福祉大学三田病院病院長 小川聡先生『心房細動治療の最前線』

「道東不整脈セミナー2015」は約40名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
講演会の様子1 講演会の様子2 講演会の様子3

2016 平成28年9月9日(金)
東京医科歯科大学 心臓調律制御学 教授/不整脈センター長 平尾見三先生『日常診療で不整脈とどう向き合うか?診療のポイント』

「道東不整脈セミナー2016」は約35名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
講演会の様子1 講演会の様子2 講演会の様子3

2017 平成29年10月13日(金)
心臓血管研究所付属病院 循環器内科 所長 山下武志先生『フォーカス!最後の心房細動診療 Ageing × Atrial Fibrillation』

「道東不整脈セミナー2017」は38名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
講演会の様子1 講演会の様子2 講演会の様子3

2018 平成30年9月21日(金)
杏林大学医学部付属病院 循環器内科 主任教授 副島京子先生『不整脈に対する薬物治療と最新の話題』

「道東不整脈セミナー2018」は35名の出席者を得て、盛会裏に終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
講演会の様子1 講演会の様子2 講演会の様子3

PAGE TOP