1. HOME
  2. アンチエイジング・ドックおよび自費診療
  3. 『アンチエイジング』のコツ
  4. しみ、しわを作らない!紫外線アフターケア
アンチエイジングおよび自費診療

しみ、しわを作らない!紫外線アフターケア

2013.06.18

紫外線を浴びるとどのような影響があるのか?

太陽の光を浴びて外で活動することも大切ですが、紫外線による日焼けはお肌のしみ、しわの原因となるだけでなく、皮膚がんの要因とも言われます。紫外線からお肌を守ることが大切ですが、すでに浴びてしまた場合は、その後のケアによって紫外線による影響を抑えることができます。

アフターケアが重要!紫外線を浴びてしまったお肌のお手入れ

生活面

保湿

紫外線を浴びたお肌は急激に水分量が減少しています。たっぷりの化粧水で保湿後、乳液で潤いを補いましょう。

睡眠

お肌のターンオーバーは夜22時〜2時の間です。質の良い睡眠には GABA の摂取も有効です。

食事面

お肌にやさしい栄養素を食事、サプリメントで補いましょう。

ビタミンC

ビタミンCを多く含む食材
赤ピーマン、レモン、柿、いちご

当クリニックオススメ摂取目安量 2,000mg/1日(レモン果汁約130個分)

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10を多く含む食材
イワシ、サバ、牛肉、ブロッコリー

当クリニックオススメ摂取目安量 100 - 300mg/1日(イワシ約20〜60匹分)

質の良い睡眠に GABA が有効

GABA を摂取すると、深い眠りに入りやすくなるため、質の良い睡眠を保ちます

GABA を多く含む食材
トマト、メロン、かぼちゃ

当クリニックオススメ摂取目安量 100mg/1日(メロン約1/10個分)

(2013年5月分子生理化学研究所提供)

アンチエイジング・ドック予約制です。
ドックのご案内、お問合わせは、担当者までお願い致します。
満岡内科・循環器クリニック TEL 0155 - 48 - 9111
担当:山岡(看護師長)、櫻井(受付)

PAGE TOP