1. HOME
  2. アンチエイジング・ドックおよび自費診療
  3. 『アンチエイジング』のコツ
  4. 海外でも大注目!ビタミンD
アンチエイジングおよび自費診療

海外でも大注目!ビタミンD

2013.06.12

骨粗鬆症、インフルエンザ、2型糖尿病、ガンの予防、転倒の防止、運動機能改善など。

ビタミンDに関する研究は年々増加しています(2000年:1,800報 → 2011年:4,000報)。様々な効果が明らかになっています。

インフルエンザ予防効果

小中学生を対象に、ビタミンD(1,200 IU/日)167人、プラセボ群167人を比較。

ビタミンD摂取により、インフルエンザの感染を約半分にまで減らしました。

太陽のビタミン

美肌の持ち主はビタミンD不足!?

日光にあたることでビタミンD濃度は上昇します。

紫外線を避け、日光にあたる時間が少ないと、体内のビタミンDは大きく減少します

また、日光に当たる時間が少ない冬は、血中ビタミンD濃度が減少します。インフルエンザが流行する原因の一つともされています。

ビタミンDは高用量摂取がお薦め

     
  1. 施設に入所している高齢者に対するビタミンDの介入試験。
    1日20µg(800 IU)以上を推奨。(京都女子大ビタミン84巻3号2010)
  2. アメリカ骨粗しょう症財団(NOF)、国立衛生研究所が推奨しているビタミンD量。
    50歳以下:1日10 ~ 20µg (400 ~ 800 IU)
  3. 50歳以上:1日20 ~ 25µg (800 ~ 1,000 IU)

(2013年5月分子生理化学研究所提供)

アンチエイジング・ドック予約制です。
ドックのご案内、お問合わせは、担当者までお願い致します。
満岡内科・循環器クリニック TEL 0155 - 48 - 9111
担当:山岡(看護師長)、櫻井(受付)

PAGE TOP