1. HOME
  2. アンチエイジング・ドックおよび自費診療
  3. 『アンチエイジング』のコツ
  4. ビタミン、ミネラルを高濃度摂取した方が良い理由
アンチエイジングおよび自費診療

ビタミン、ミネラルを高濃度摂取した方が良い理由

2013.06.10

植物に含まれる栄養価が減少!

食事だけでは補えません!!

主な野菜・果物
栄養素
1950年 初訂
 
1982年 四訂
 
2005年 五訂

にんじん
ビタミンA
4,050µg
-70%
1,239µg
-37%
780µg
ビタミンC
10mg
-100%
0mg
-
4mg
鉄分
2.1mg
-62%
0.8mg
-75%
0.2mg

ほうれん草
ビタミンA
2,400mg
-79%
510µg
-32%
350µg
ビタミンC
150mg
-57%
65mg
-51%
35mg
鉄分
13.0mg
-72%
3.7mg
-46%
2.0mg

オプティマル・レンジという考え方

オプティマル・レンジ

オプティマル・ヘルス(最高の健康状態)を保つための栄養素の量

日本の「食事摂取基準」は欠乏症にならないギリギリの値。
ワンランク上の健康状態を目指すのであれば、副作用が出ない範囲でオプティマル・レンジを追求することが大切です!

(2013年5月分子生理化学研究所提供)

アンチエイジング・ドック予約制です。
ドックのご案内、お問合わせは、担当者までお願い致します。
満岡内科・循環器クリニック TEL 0155 - 48 - 9111
担当:山岡(看護師長)、櫻井(受付)

PAGE TOP