1. HOME
  2. アンチエイジング・ドックおよび自費診療
  3. 『アンチエイジング』のコツ
  4. 夏バテ対策の栄養素
アンチエイジングおよび自費診療

夏バテ対策の栄養素

夏バテの症状

夏バテの主な症状は、「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」「無気力」「イライラ」などです。夏バテは、夏の暑さに対応するために体が無理をしたり、この時期の湿気や気温の急激な変化に体のリズムがついていけずに自律神経の働きが鈍くなることから起こります。

夏バテの要因

夏バテは、次の要因が重なって起こります。

そのメカニズムは、下記のとおりです。

  1. 高温多湿による体力の消耗
    暑い夏はいつもと同じ行動をしても他の季節とは比較にならないほどエネルギーを消耗します。
  2. 栄養不足とアンバランス
    夏は暑くて食欲がなくなるため、栄養補給をしにくくなります。また、食事も素麺やうどんなどのあっさりしたもの(炭水化物)ばかりに偏り、栄養がアンバランスになります。
  3. 睡眠不足
    熱帯夜が続くととても寝苦しく、睡眠不足に陥ります。
  4. 脱水
    汗をかくと、汗とともにミネラルも消失します。

夏バテ対策1 - 「ビタミンB群の補給」

夏の暑さで上がった体温を下げるために、体内では血管を拡張し、血液が多く流れるようにするため、心臓の心拍数は増加します。また、汗で水分が奪われることで血液の粘り気が増すので、心臓への負担はさらに増え、エネルギーが余計に必要となります。

体内でエネルギーを生産するにはビタミンB群、特にビタミンB1が不可欠ですが、あっさりしたものばかりを食べていると、肉に多く含まれているビタミンB1が不足し、エネルギーが作りづらくなります。

夏は、いつもよりエネルギーの必要量が多いにも関わらず、エネルギーを作るための栄養素が食事からは十分に補給できないという悪循環に陥っています。

ビタミンB1の多い食べ物

ビタミンB1は、特に豚肉に多く含まれており、夏バテ対策として、豚肉料理が注目されるのはこのためです。

その他の食材では、豆腐、ゴマ、枝豆、落花生、ハム、ウナギの蒲焼に多く含まれています。

また、食べあわせとしては、ニンニクやネギに含まれる「アリシン」が、ビタミンB1の吸収を良くしてくれます。

夏バテ対策2 - ミネラルの補給

夏の暑さによって体温が上昇し、熱放散の必要が増すと、私たちは汗をかき、水分蒸発を盛んにして体温を下げています。汗はそのほとんどが水分ですが、塩化ナトリウムが約0.6%含まれています。

また、塩化ナトリウム以外にも、わずかにカリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。

私たちは、何もしないでいても1日0.5リットルの汗をかき、夏や運動をした際には、1~1.5リットルもの汗をかくとも言われています。ミネラルの不足は、体の各所の代謝障害を引き起こし、夏バテに多い「だるい」「疲れやすい」といった症状を引き起こします。

その他の対策方法

夏バテの改善と予防には十分な栄養補給を行い、体を休めることが大切です。ビタミンやミネラル以外にも、タンパク質の摂取や水分補給も忘れてはいけません。

また、自律神経の乱れは、気温と湿度の急激な変化でも起こりますし、冷えも大敵です。暑いとはいえ、過度な冷房も控えたほうが良いでしょう。冷房をかけるときは、外気温との差を5~6度以内にするのが良いと言われています。

(2009年8月ヘルシー・パス提供)

アンチエイジング・ドック予約制です。
ドックのご案内、お問合わせは、担当者までお願い致します。
満岡内科・循環器クリニック TEL 0155 - 48 - 9111
担当:山岡(看護師長)、櫻井(受付)

PAGE TOP