HOME > 医療安全管理体制 > 医薬品安全使用マニュアル

医薬品安全使用マニュアル

医療法人社団 満岡内科・循環器クリニック
2007年4月1日

医薬品の安全使用のための業務に関する手順書
本院の「医薬品安全使用マニュアル」を策定し、医薬品の安全使用の徹底を図る。
本院の「医薬品安全管理責任者」は、管理者である院長が兼務する。

1. 医薬品の採用・購入

(1)医薬品の採用にあたっては、医薬品の安全性・取り間違い防止の観点から、下記を踏まえて決定する。

  1. 一成分一品目を原則とし、採用医薬品は最低限の数とする。
  2. 同種同効薬と比較検討を行う。
  3. 類似した名称や外観を持つ薬の採用は、極力回避する。類似薬を採用しなければならない場合は、特に注意を喚起する。
  4. 充填ミスを防止するため、原則として小包装薬を採用する。

(2)発注の際は、商品名、剤形、規格単位、数量、包装単位、メーカー名を記入する。

(3)購入医薬品の品目・規格・数量が合致しているか、発注伝票に基づき検品する。

(4)「規制医薬品(麻薬、覚せい剤原料、向精神薬、毒薬、劇薬)」及び、「特定生物由来製品(人の血液や組織に由来する原料を用いたもの)」は特に注意し、購入記録の保管を行う。麻薬、覚せい剤原料は、譲渡証の記載事項及び押印を確認し、2年間保管する。

2. 医薬品の管理方法

(1)医薬品の在庫管理、取り間違い防止のため、下記を実施する。

  1. 医薬品棚は、在庫点検や取り違い防止に配慮して適切に配置する。
  2. 同一銘柄で複数規格がある医薬品や、名称・外観類似薬は、注意を表記する。

(2)医薬品の補充や充填時のとり間違いを防ぐため、読み上げて確認する。

(3)「規制医薬品(麻薬、覚せい剤原料、向精神薬、毒薬、劇薬)」は、金庫等に保管して常時施錠するなど、盗難・紛失防止措置をとり、法令を遵守した使用記録の作成・保管をおこなう。

(4)「特定生物由来製品(人の血液や組織に由来する原料を用いたもの)」は、カルテ番号、患者氏名、使用日、医薬品名(規格、血液型を含む)、使用製造番号、使用量など、使用記録を作成し、20年間保存する。

(5)処置薬の取扱いは、次の点を遵守する。

  1. 調整(希釈)日、開封後期限、調整期限、開封日を記載する。
  2. 開封後の変質、汚染などに留意し、定期的に交換し、継ぎ足しをしない。
  3. 充填間違いを防止するため、色わけなどに留意する。

3. 投薬指示・調剤

(1)薬剤服用歴の確認

投薬にあたって、薬剤服用歴(既往、副作用、アレルギー)を確認する。

(2)診療録・処方せんを正確に記載する

診療録・処方せんには、必要事項(医療品名、剤形、規格単位、分量、用法、用量等)を正確に記載する。

4. 患者への与薬や服薬指導

(1)下記の患者情報を把握した上で与薬する。

(2)患者情報は、与薬に係る全ての部門で把握できるようにする。

(3)検査・処置における医薬品使用についても、緊急時以外は口頭指示をさける。口頭指示を行わざるを得なかった場合も、記録を残す。

(4)与薬にあたっては、下記を励行する。

(5)在宅患者への投与については、薬剤管理が困難な場合が多いことに考慮して、剤形、用法、調剤方法、服薬管理に工夫する。

(6)抗がん剤の投与については、レジメン(投与薬剤、投与量、投与日時などの指示がまとめられた計画書)に基づいて調剤、投与する。

(7)要注意薬については、患者の薬歴管理を行う。

5. 医薬品の安全使用に係わる情報の取り扱い(収集、提供)

(1)患者情報の収集と処方医との情報提供を行う。

(2)経過観察が必要な薬剤の投与にあたっては、投与後の経過観察を行う。

(3)緊急時については、下記に沿って実施する

6. 他施設との連携

緊急時のため、連携施設を確保する。

PAGE TOP